お焚き上げでお札やお守りを正しく供養・処分する方法

実家の片付けをしていたら、古いお札やお守りが出てきて処分に困った・・・なんてことはありませんか?

お正月など、時期によっては神社でお焚き上げをしてもらえます。でも、それ以外の時期はどうすればいいのでしょう・・・。遺品整理をしていてお札やお守りが大量に出てきた・・・というケースもあります。

そこで今回は、「お正月以外にもお焚き上げする方法はあるのか?」「神社とお寺、どちらに持っていけばいいのか?」など、お焚き上げについて詳しくご説明します。
 

―目 次―

*査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

1.お札やお守りは1年ごとに処分する

お焚き上げとは、どのような意味が込められているのでしょうか?
そもそもお札やお守りは1年ごとに処分します。

お札であれば、新年、初詣の際に新しいお札を購入し、歳神様を自宅や会社にお迎えします。その際に、前の年のお札は神社や寺院でお焚き上げしてもらう、というのが一般的です。

1-1.毎年新しくするのは瑞々しい生命力を頂くため

お焚き上げは、「1年間、お世話になりました」「無事に過ごすことができました」といった感謝の気持ちを込めて行う宗教的儀式です。

「でも、どうして毎年新しくしないといけないの?」

東京都神社庁の公式サイトを見てみると、古(いにしえ)より日本人にとって、新しいものに宿る瑞々しい生命力は畏敬の対象でした。新年にお札やお守りを新しくするのは、「より新しい力」「より若々しい生命力」を頂こうとするところからきているそうです。

ですので、1年間守ってくださったお札やお守りは、感謝の気持ちを込めて神社や寺院でお焚き上げしてもらうのが、正しい処分の仕方ということになります。

1-2.「神社にお返しする」というのが正しい表現

余談になりますが、本来、お札やお守りの処分=お焚き上げではありません。あくまでもいただいた神社や寺院にお返しする(納める)のが正しい処分の表現になります。「お焚き上げ」をするのは、あくまでも神社や寺院側の処分方法ということです。

2.お焚き上げはお正月以外でもお願いできる

出張買取『池屋』のWebサイトで使用したお焚き上げのフリー素材

小正月前後に行われる『どんど焼き』

では次に、お焚き上げの時期について見ていきましょう。お正月以外にもお焚き上げはやっているかについてです。

2-1.お焚き上げの時期はお正月と小正月が一般的

一般的にはお正月の三が日が多く、長いところでも10日頃までになります。その次に多いのが「小正月」です。

小正月は、旧暦のお正月にあたる1月15日になります。この小正月前後に行われるのが「どんど焼き」と呼ばれるお焚き上げです。

2-2.小正月は正月飾りをお焚き上げする

「どんど焼き」といえば仙台が有名ですが、仙台では「どんと祭」と呼ばれているように、地域によって呼び方が違うんです。

近畿・北陸周辺では「左義長」、静岡では「さいと焼き」、九州では「鬼火たき」、千葉では「あわんとり」、神奈川の横須賀市や三浦市では「おんべ焼き」と言います。

どんど焼では、小正月である1月15日に外した、しめ縄や松飾りなどの正月飾りを主にお焚き上げします。

2-3.「〇〇祈願」のお札やお守りは成就したら

安産祈願や合格祈願など、「〇〇祈願」のお札やお守りであれば、新年や小正月に限定することなく、祈願が叶った時にお焚き上げしてもらうのが基本です。

2-4.1年中OKなところや郵送も可能なところも

お焚き上げの行事以外にも、神社やお寺によっては1年を通じて受付をしてくれるところもあります。

また、お焚き上げの際に直接持参できない場合に、郵送での受付が可能なところもあります。どうしても行けないという場合は、郵送を利用するといかもしれませんね。

3.お札やお守り以外にもお焚き上げできる物

出張買取『池屋』のWebサイトで使用した「だるま」のフリー素材

お焚き上げは、お札やお守り以外の物でも可能です。どんなものをお焚き上げの対象になるのでしょうか。

3-1.だるまや絵馬もお焚き上げしてもらえる

すべての神社やお寺が可能だとは言えませんが、以下のようなものがお焚き上げの対象となります。

【お札・お守り・正月飾り・だるま・絵馬・人形・ぬいぐるみ・写真など】

ただし、プラスチックでできた正月飾りや陶器・ガラスなどはお焚き上げできないところもあります。持ち込みや郵送される際は、事前に確認してみてください。

3-2.人形やぬいぐるみは「人形供養」へ

人形やぬいぐるみの場合、お正月や小正月のお焚き上げとは別に、「人形供養」を行っている神社やお寺もあります。できれば、その日にお焚き上げしてもらうのもいいかもしれませんね。

>>「人形供養ってどうするの?人形のまち・岩槻の人形供養祭について
>>「古い人形、市松人形の価値、買取り、引き取りについて

3-3.お仏壇やお位牌・遺影は「魂抜き」が必要

お仏壇やお位牌・遺影など「魂が宿っている」とみなされるモノは、神社や寺院にお願いし、「魂抜き」をしてからお焚き上げをします。

ちなみに、衣類や手紙、写真など故人の遺品の場合、愛着や思い入れはありますのでお焚き上げは必要ですが、「魂が宿っている」とは考えられていませんので、魂抜きの必要はありません。

3-4.感謝の気持ちを込めてお別れすることが大切

いずれにせよ、お札やお守りに限らず何かを処分するという場合、役目を終えた品物たちへ感謝の気持ちを込めてお別れする、ということが大切なのではないでしょうか。

 
*実家の片付け等で出てきた人形などの買取なら当店へお任せください。
 査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

*当店の特徴についてはコチラをご覧ください。
*対応エリアはコチラからご確認ください。
 内容により埼玉、所沢、川越、宇都宮、愛知、大阪など全国対応も可能です。