売りたくても売れない別荘の処分方法5つを詳しく解説

使用されないまま長年空家状態の別荘。「更地にして売ろうと思ったら解体費用のほうが高い」「売りたくても売れず管理費や固定資産税だけを払い続けている」という方も少なくありません。

そこで、今回は売れない別荘の処分方法ついてお伝えします。家具や家電など、別荘の残置物の処分については以下のページを参考にしてみてください。

>>「別荘の残置物,不要品の査定,買取りについて

*別荘の残置物なら当店へお任せください。
査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

*対応エリアはコチラからご確認ください。
別荘ですから、長野や静岡、京都など全国対応も可能です。遠方の場合、事前の打ち合わせが必要となります。お気軽にご相談ください。

売れない別荘を手放す5つの方法

まず初めに知っておいて欲しいのは、空家状態の別荘を放置したままにしておくと家は傷み、ますます資産価値が下がってしまい、大切な不動産のはずがお荷物となる「負動産」になりかねません。

そこで大事になるのが、手放さないのであれば定期的に手入れをするか管理会社に任せるか、手放すのであれば劣化が進まないうちに処分してしまうこと

「でも、売りたくても売れない場合、どうすればいい?」

普通であれば不動産会社を通じて売るわけですが、中には不動産会社から「この物件は売れない」と仲介を断られてしまったという方もいます。

このように不動産会社に仲介を断られてしまったり、売りに出したけど売れない場合には、以下のように2つの方法を検討してみましょう。

1)知り合いなどに無料で譲る

バブル当時に購入した別荘であれば、タダで譲ると聞くと抵抗もあるとは思います。でも、タダじゃ勿体ないからと持っていても、結局、利用もしないのに固定資産税や管理費を払っていたのではマイナスです。

タダで譲ると決めたら、まずは親戚や友人で使う人がいないか聞いてみてはいかがでしょう?

どうせタダなんだから赤の他人に譲るよりは、知っている人に使ってもらったほうが喜んでもらえるのではないでしょうか。

1-1.無料でも登記費用や取得税は掛かる

ただし、無償譲渡だと評価額によっては贈与税などが掛かる場合もあります。タダで譲ったのに、後からトラブルになって嫌な思いをしたのでは踏んだり蹴ったりですよね。

譲渡する際は、修理が必要な箇所があるかどうか、税金や管理費などの維持にどれぐらいの費用が掛かるかなどもしっかり伝え、納得の上で譲るようにしましょう。

また、タダと言っても不動産を譲渡する場合、譲り受ける側には所有権を取得するための登記費用や不動産取得税、印紙税、不動産会社を間に入れるなら仲介手数料も掛かります。その点も一緒に伝えておきましょう。

2)自治体などに寄付する

知り合いなどに無償で譲る以外に、別荘のある自治体や公共機関に寄付するという方法もあります。

タダでも人に譲るとなると先ほどお話したようにトラブルになる可能性もありますから、いっそのこと自治体などに寄付してしまうほうがいいと考えることもできます。

2-1.資産価値が低いなど場合によっては難しい

と言っても必ず引き取ってもらえるわけではありません。自治体側からしても、資産価値の低い別荘や利用しにくい場所にある別荘などは、管理コストだけが掛かってしまいますので、何でも受入れてくれるわけではないんです。

まして別荘地にある物件だと、管理組合の規約などもあるので難しくなる傾向にあります。いずれにせよ、興味のある方は一度窓口に問い合わせてみるといいかも知れませんね。

3)賃貸、貸別荘にする

貸別荘 フリー素材

2つの方法以外に「貸す」という方法もあります。

ここは欲張らず、固定資産税とか維持費に掛かる費用分だけ貰えればと考えて家賃を設定すれば、借り手も見つかるかもしれません。

ただし、賃貸にしても貸別荘にするにしても、すぐに使える状態であることはもちろん、ある程度キレイでないと借り手も見つかりにくいため、廃墟のような状態であれば貸すのは難しくなります。

4)ご近所さんに聞いてみる

また、別荘のお隣さんとかご近所さんに聞いてみるという方法もあります。

無償で譲渡するつもりなら、お隣さんであれば敷地が広くなるわけですから、貰ってくれる可能性は少なからずあるのではないでしょうか。

5)管理会社に相談してみる

別荘の売却となると、ほとんどの方が不動産会社を思い浮かべますよね。売れない別荘の場合、別荘地内に物件があるなら管理会社に相談してみる方法もあります。

別荘地内の住民以外にも物件を探して管理会社に問い合わせているケースもありますし、管理会社は不動産会社とはまた違ったパイプを持っていたりするので、相談してみたら見つかる可能性もあります。

残置物があると別荘が売れてもマイナスになることも

いずれにせよ、タダで譲るにしても寄付するにしても、ましてや貸すともなれば残置物をそのままにしておくことはできません。

仮に別荘が100万円で売れたとしても、家具や家電などの残置物があるとなれば、処分費用のほうが高く、結局はマイナスになってしまったというケースもあります。

別荘の残置物処分なら当店へお任せください!

残置物に関しては、ゴミとして処分する前に当店へご相談ください。埃まみれの家具や家電、山積み状態であっても大丈夫です。

もちろん、すべてを買取れるわけではありませんが、中にはお宝を発見!なんてこともあります。ご両親や可愛がってくれたおじいちゃん、おばあちゃんとの思い出の品が見つかるかもしれません。別荘の処分をお考えでしたら、是非ご一報を!!

>>買取品目はコチラから
>>無料査定のご依頼・お問い合わせはコチラから

ご連絡、お待ちしてますニャ