出張買取の池屋で買い取った不二家のペコちゃんキャラクターグッズ

「家の片付けをしてたら、昔のペコちゃんグッズが出てきたんだけど、これって売れるのかな?」
「不二家のお菓子に付いたオマケなんて買取ってもらえるのかな?」

洋菓子メーカー・不二家のキャラクターとしてお馴染みの「ペコちゃん」。今でも大人気のキャラクターなので価値があり、写真のようなグッズでも品物の状態にもよりますが高価買取が可能です。ここでは、ペコちゃんグッズの価値と相場・買取りについてご説明します。

 

―目 次―

*ペコちゃんグッズの買取なら当店へお任せください。
査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

1.ペコちゃんの歴史

出張買取『池屋』のWebサイトで使用した銀座にある不二家のフリー素材

銀座・数寄屋橋交差点にある不二家さん

人気キャラクター・ペコちゃんは洋菓子メーカー『不二家』のオリジナルキャラクターですが、一体いつ頃から登場したのでしょうか。まずはペコちゃんの歴史から見ていきましょう。

 2020年はペコちゃん生誕70周年

不二家さんの歴史は、1910年(明治43年)に横浜の元町で洋菓子店をオープンしたことから始まります。

ペコちゃんが誕生したのは創業から40年後の1950年(昭和25年)。なんと、今年、2020年はペコちゃん生誕70周年になるんですね。

 初代ペコちゃん人形は紙製だった

不二家さんの店頭人形としてデビューしたペコちゃんですが、初代ペコちゃん人形は紙の張り子だったんです。「屋外に置かれていたのに紙だったの?」と驚きですよね。

店頭に置かれたペコちゃん人形は、頭がゆらゆらと揺れる作りになっていて、それが面白くってついつい通りすがりに頭を叩かれたりすることも多く、修復を重ねていくうちにペコちゃんの顔が少しずつ変わっていった・・・という笑い話のようなエピソードもあります。

 ペコちゃん初商品は「ミルキィ」

そんなペコちゃんにとって、初のキャラクター商品とも言えるのが1951年に発売された「ミルキー」でした。

当時のキャッチコピー「ミルキーはママの味」は、今でもパッケージに書かれていますので、世代を問わず馴染みのあるフレーズではないでしょうか。

他にもパラソルチョコやポップキャンディなど、パッケージにペコちゃんが描かれた夢のあるお菓子は子供たちに大人気となりました。

>>無料査定のお申し込みはコチラから

2.ペコちゃんの価値・相場・買取価格

では、こうした歴史あるペコちゃんグッズには、どのような価値があり、いくらぐらいで買取ってもらえるのでしょうか。

 オマケも買取可能!非売品は高価買取の可能性あり

お菓子に付いていたオマケも買取可能です。ただし、買取額はそれほど高くはありませんが、箱があるものやある程度の量があれば多少値段は高くなります。

では、どんなものが高価買取の対象になるのか?

やはり「非売品」です。いわゆる駄菓子屋さんなど販売店向けに配られていた販促品ですね。

 ペコちゃん首振り人形は30~40万円以上

非売品でも高額で買取り可能なのがペコちゃんの首振り人形です。店頭用や店内ディスプレイ用、キャンペーンの景品、不二家100周年記念株主向け用など様々な首振り人形があり、1万円前後が相場になります。

希少性のあるもので10万円前後、胸元にフレッシュケーキ「Hello」の文字が残っているものは、30㎝のものでも30万円から40万円以上の値段が付くものもあります。

店頭用の大きな首振り人形は相場が5万円から10万円前後、高いものになると数十万円で買取ってもらえる可能性もあります。

 生誕70周年記念のペコちゃんフィギア

ちなみに、今年は生誕70周年ということで、足の裏にシリアルナンバーが刻印された純金とシルバーのペコちゃんフィギアが限定発売されました。

すでに受付は終了されていますが、何年、何十年か後にはこれらもかなりの価格で売買されるでしょうねぇ・・・。

当店の特徴についてはコチラをご覧ください。

>>無料査定のお申し込みはコチラから

3.ペコちゃんの買取なら出張買取専門の『池屋』へ

昔不二家さんでお菓子を買った時におまけで付いてきたペコちゃんグッズを、押入れの奥に仕舞いこんでいて忘れてた・・・というご家庭も少なくありません。

インスタグラムでもこんな呟きが・・・

お気持ち、すっごく分かります!!

そんな時は是非、当店にお任せください!

相場はその時々により変わりますので、ここで一概に「いくら!」とは言い難いので、特に希少なペコちゃんグッズは査定ご依頼時に逐一調査し、少しでも高く買取らせていただけるようにしております。

 

大切な品物、少しでも高く買取ります!!!

>>当店の買取品目はコチラから
>>査定・買取のご依頼はコチラまで