出張買取の池屋で買い取ったトロフィー

 
長年サラリーマンをされていたご家庭には、古いトロフィーが飾りっぱなしになっているケースがよくあります。

会社勤めをしていると接待ゴルフは付き物ですよね。
今の時代、接待ゴルフそのものは減っていると言われていますが・・・。

さて、今回はゴルフコンペなどのトロフィーや優勝カップの価値と買取り事情についてお伝えします。

材質により買取り可能

トロフィーや優勝カップって、他に使い道がないですよねぇ・・・。まさかコーヒーカップとして使うわけにもいかないですし(笑)。

優勝カップは、その昔、戦いを制した勇者が王様と優勝カップで祝杯を交わした・・・とも言われているので、コーヒーカップとして使う説はまんざら間違ってもいないのかも・・・ですが(汗)。

優勝カップでコーヒーを飲むかどうかはさておき、とかく邪魔者扱いされやすいトロフィーや優勝カップですが価値があるものもあります。材質によっては高価買取が可能です。

・名前が入っていたり変色していてもOK!

運動会などのトロフィー

運動会などの優勝カップ

「えっ?名前とか入ってるけど大丈夫なの?」

はい。
「〇〇〇〇大会優勝」というように大会名や名前が入っていても、買い取ったあとは金属スクラップとなりますので大丈夫です。

「だったら、変色してても買取ってもらえるの?」

はい。
スクラップですから、黒く変色していても大丈夫です!

「さすがに、錆びてるのは買取ってくれないよね?」

いいえ。
錆びていても買取れるトロフィーやカップもありますので、とりあえず無料査定をしてみてはいかがですか。

⇒無料査定のお申し込みはコチラから

金(ゴールド)や銀(シルバー)なら高価買取!

出張買取の池屋で買い取ったトロフィーやカップ

当店で買い取った銀製のトロフィーやカップ

古くても、錆びていても、名前が入っていたり変色していても買取り可能ということはわかりましたが、具体的にどんな材質・素材のモノが買取り可能なのでしょうか?

・ガラスやブロンズのオブジェが付いたトロフィーも

トロフィーや優勝カップと言えば、昔はデザインがだいたい決まっていました。でも、最近のトロフィーや優勝カップは素材もデザインも豊富になりましたよね。

トロフィーの場合、台座にオブジェのような飾りが付いているモノが多く、プラスチックにメッキを施した安いモノもあれば、台座に大理石を使ったモノ、ガラスやブロンズで作られたオブジェが付いているモノもあります。

で、どの素材が価値があるのかというと・・・

・純金製(ゴールド)
・純銀製(シルバー)

のものであれば高価買取が可能です。

・台座やプレートは付いていても買取できます

査定に伺うと、台座やプレートを外して下さっている方もいますが、台座やプレートが付いていても買取り可能です。その場で外して金や銀の部分のみ計量しますのでご安心ください。

アンティークとして価値のあるトロフィーや優勝カップなどは、逆に台座やプレートを外さないほうが良い場合もあります。

なので、トロフィーや優勝カップの価値がわからない・・・という方は、査定にお伺いするまで、そのままの状態で保管しておいてください。

昭和40年以降のモノは買取できない可能性も

「そうは言っても、純金とか純銀とかって、本物かどうか見分けがつかないよぉ」

ひとつの目安が昭和40年以前のものかどうかです。
昭和40年以降のものは、残念ながら買取りできる可能性は低くなります。

・プレートが釘で付けられているモノも買取不可

もうひとつの目安が、台座に釘でプレートが付けられているかどうか。
釘で付けられているトロフィーやカップは、純金製、純銀製ではない可能性が非常に高いです。

とは言え、なかなか見分けが付きにくいと思いますし、もしかしたら骨董品として価値がある場合もあります。

いずれにせよ、ご自宅やご実家にトロフィーやカップがございましたら、まずは当店にご一報ください。
 

大切な品物、少しでも高く買取させていただきます。
出張買取「池屋」の特徴についてはコチラをご覧ください。

他業者が買い取らないモノも買取ります。
査定の依頼やお問い合わせはコチラから