出張買取の池屋で買い取った人形
 
この写真のような古い人形が苦手、という方は結構多いもの。
テレビやラジオ番組の中で出てくる怪談話などで、古い人形にまつわる怖~い話がトラウマになっている・・・という方もいるのではないでしょうか。

「でも、人形って何となく処分するのに気が引けちゃうんだよねぇ・・・」

そんな方のために、ここでは古い人形や市松人形などの価値、買取りについてお伝えします。

 
*出張買取の『池屋』では、他業者がわからない品物、扱わない品物も調査し、査定いたします。
>>査定の依頼やお問い合わせはコチラから

自分の身代わりに災厄を移したのが人形の始まりという説

人形は「人の形=ひとがた」とも読めるように、災厄がその人に降りかからないよう紙の人形に厄を移したのが始まりで、神社にある御札が変化したのが人形であるという説があります。

その頃、厄を移した紙の人形は毎年川に流していました。でも、自分の身代わりになってくれたわけですから「忍びない」という気持ちと、「勿体ない」という気持ちもあったのでしょうね。現在のような形の人形になったと言われています。

人形は神社やお寺でお焚き上げする方法も

お焚き上げをしている画像

人形やだるま、御札などをお焚き上げをしている風景

人形を処分する場合、神社やお寺で行われる「人形供養」もひとつの方法として良いかと思います。

感謝の気持ちを込め、お焚き上げをして人形の魂を天にかえすのが人形供養です。お焚き上げですから燃やすわけですが、以前は野焼きといって野外でそのまま燃やしてしていました。

・野焼きは発がん性のあるダイオキシンが発生

野焼きについては、焼却の際に毒性が強く発がん性が懸念されている「ダイオキシン」が発生することから、原則禁止されています。ただし、神社やお寺が行うお焚き上げのような宗教上の行事は例外となります。

神社やお寺によっては環境に配慮し、専用の焼却炉でお焚き上げを行っているところもあるようです。

・不用品回収業者の無許可の回収は違法

お焚き上げで注意してほしいのが、神社やお寺ではない、「お焚き上げ」「人形供養」を謳った不用品回収業者です。こうしたお焚き上げや人形供養を集客ワードのひとつとして営業している業者のほとんどは、一般家庭から出る物品を回収する許可、一般廃棄物収集運搬を持っていないにもかかわらず回収料金を受け取って営業しており、それは違法ですので、そのような業者に人形の回収を依頼してしまうなら、知らずのうちに違法営業に加担してしまうことになります。

大切にしていたお人形がこのような形で処分されてしまうのは、本当に悲しいことです。心が痛みますし、「他に大切にしてくれる方がいたのでは?」と残念でなりません。

>>お人形の査定依頼はコチラまで

高額買取りの可能性が高い市松人形

出張買取の池屋で買い取った市松人形

当店で買い取った市松人形

写真のお人形は、大正時代の市松人形です。可愛いですね。(お客様は怖がっていましたが^^;)
嬉しそうな顔をしていると思いませんか?

2015年に当店で買取らせていただいた時の写真ですが、長年、暗くてカビ臭い納戸に仕舞い込まれていたそうです。

ご依頼者様が思い切って処分することにし、何十年かぶりに日の目をみることができた、というわけです。

・人形にはさまざまな種類がある

では、価値のあるお人形とはどのようなモノになるのでしょうか。

「人形」とひと口にいっても、さまざまな種類があります。骨董品として価値があるのは、戦前より古い市松人形やフランス人形、ビスクドール、近代作家では球体間接人形などがあります。

・市松人形の名前の由来は江戸時代の歌舞伎役者

ちなみに、市松人形とは江戸時代に人気のあった歌舞伎役者・佐野川市松をお人形にしたモノ。市松は大変な美貌の持ち主で、その美しさに憧れる女性が多く、市松人形が発売されると人形店に行列ができたそうです。

人形というとモデルは女の子だと思いがちですが、そもそも歌舞伎役者の市松は男性。年代物の市松人形には男の子の人形も多く、人気作家のもので古いものには十万円以上の値が付くモノもあります。

・人気作家や江戸ちりめんを着た人形は高価買取も

作家で見てみると、大木平蔵や光龍斎、永徳斎、平田郷陽、平田陽光、竹内益次郎、伊藤久重、藤村光環、松乾斎東光などが作った人形であれば、高額買取が可能ですが、全ての作品に、わかりやすく作者の銘が書いてあるわけではないので、一般の方ではその見極めはなかなか難しいかもしれませんね。しかし多くの人形を査定し、熟練していくと、銘が無くても顔の特徴で作者や年代を見極めることができるようになります。そのコツはいくらGoogle検索しても知ることはできないでしょう。それはご依頼いただいた時にでもお話し致しましょう。

また、人形が着ている着物に江戸ちりめんが使われているものの、高価買取の対象となり得ます。

人形を可愛がって下さる方への橋渡し

私がお人形を買い取る際に一番大切にしていることは、「可愛い」と思う気持ちです。可愛がられるために作られた人形が捨てられることなく、次の持ち主へ橋渡しができた時には、この仕事をしていて良かったと思うものです。
人形の処分に困っていて、もしこの記事が目にとまりましたら是非、当店へお声がけください。

当店では丁寧に査定し、お人形を可愛がって下さる方へと橋渡しさせていただきます。
万一、買取りが難しいお人形でも、他に買取りできるモノがあれば無料でお引き取りし処分いたします。

大切な品物、少しでも高く買取りさせていただきます。
出張買取「池屋」の特徴についてはコチラをご覧ください。
 

査定の依頼やお問い合わせはコチラから