親がひとり暮らしなら死後はどうなる?|葬儀から遺産整理まで

近年はひとり暮らしか夫婦で暮らしている高齢者が増えました。気軽なひとり暮らしですが、子ども世代にとって気になるのは、死後のことではないでしょうか?ひとり暮らし世帯の場合、同居では必要ない懸案が出てきます。あたりまえだといわれていることができなかったりします。この記事では、親がひとり暮らしの場合、考えておきたいことをまとめました。親が元気なうちに話し合いをしておけば、後悔が少ないと思います。参考にしてください。

高齢者がひとり暮らしをするようになった時代

 平成29年版高齢社会白書によると、2017年の高齢者のいる世帯は全世帯の約半分と推計されています。そのうちの過半数が、「単独世帯」・「夫婦のみ世帯」です。

65歳以上の高齢者の子供との同居率は、昭和55(1980)年にほぼ7割でしたが、平成27(2015)年には39.0%で、同居の割合は大幅に減少しています。単独世帯と夫婦のみの世帯を合わせると、子どもと同居している世帯より多くなります。

いま高齢者のひとり暮らしか夫婦2人暮らしが一般的になっています。そして、現在、夫婦2人暮らしでも、ゆくゆくは、ひとり暮らしになるかもしれません。

 

 

 

親がひとり暮らし|死後はどうなるのか?

親がひとり暮らしだった場合には、同居に比べて死後の様子はずいぶん違います。大きな決断がともなうので、もしもの時にあわてないよう、生前親子で話し合っておくといいでしょう。

一般的に大きく違ってくるのは、次の4点です。

  • 自宅での葬儀・法要は困難
  • お墓をどうするかを決める
  • 遺産整理は、関係者が集まって実施
  • 住んでいた家や土地の片づけまで必要

 

自宅での葬儀・法要は困難

同居人がいれば、自宅で法要を行なうことは可能でしょうが、ひとり暮らしの場合、主がなくなってしまうと、勝手がわからない場合が多いでしょう。

主のいない住宅で葬儀・法要をおこなうのは、困難です。

いまは、寺院や葬儀場で法要ができます。一度ご遺体を自宅に返したいという要望にも、パックで対応してくれる場合もあります。希望があればお願いしましょう。

もし、自宅に戻れない場合であっても、庭の花を飾るなど、できる限りの心づくしで送り出せば故人も満足に違いありません。

法要は、1年、3年、7年……と、長期にわたっておこわれるものです。住む人がいなければ、法要のためだけの住宅の維持は難しいでしょう。法要をおこなわないかたもいらっしゃいますが、寺院で実施することもできます。

 

 

お墓をどうするかを決める

ひとり暮らしの場合、墓を建てれば墓守を決める必要があります。立派なお墓を立てたとしても、荒れてしまっては供養になりません。

墓守をする人がいないのであれば、供養塔に合祀していただき、永代供養をお願いする方法もあります。

もし、いままで守ってきた墓があるのなら、墓じまいをして供養塔に収めるという形式も増えてきています。

お寺ごとに、永代供養の方法は違いますので、一度、お寺に相談するほうがよいでしょう。

 

遺産整理は、関係者が集まって実施

相続の関係者が複数いる場合は、遺産整理は集まっておこなう必要があります。

よかれと思って、ひとりでおこなうのはトラブルのもとです。

最初は売却も視野に入れて実施しましょう。業者の選定で大切にしたいのは丁寧さ。故人が大切にされていたものを、雑に扱わない業者を選びましょう。

古物・骨董品・中古品の出張買取|池屋美術であれば、一点一点お品を丁寧に見ていきます。他の買い取り業者より査定に時間を要しますが、数百万円〜単位の高額な品物はもちろん、百円、二百円といったものまで見落とすことなく買取することができます。

出張買取の池屋の査定・買取をしている風景

出張買取の池屋の査定・買取をしている風景 

住んでいた家や土地の片づけまで必要

ひとり暮らしの場合、住んでいた家や土地の片づけまで実施しなければなりません。

空き家を放置すると、窓を割られる、火をつけるなどと、荒らされる危険もありますし、固定資産税もかかります。

くわしくは、相続した財産は放置しないで!|売却が早い方いい理由とは?をごらんください。

片づけは、業者にお願いすると視点が変わり、最後の最後に、金券が出てくることもあります。個人での片づけにこだわらず、業者もうまく使って進めるといいでしょう。

 

死後の話は元気なうちに

死後のことを話題に出すのは元気なうちをおすすめします。できれば、家族が集まった時に大勢で聞きましょう。

「死ぬのを待っているのか!」と腹を立てられる場合には、日常的に仲良くしている人だけでも聞いておくと、死後スムーズに進みやすくなります。

もし、親が希望すれば生前整理もおすすめです。

古物・骨董品・中古品の出張買取|池屋美術であれば、一点一点お品を丁寧に見ていきますので、親世代に満足いただけます。

ひとり暮らしの高齢者が増えています。あたりまえだと思われていた死後の段取りも、ひとり暮らしだと変わってきます。できれば、元気なうちに皆で集まって、親の意向も聞いておきましょう。死後の手続きは煩雑で面倒ですが、どうするかを決めておけば迷わずにすみます。親が生前整理を希望するのであれば、死後の迷うことが少なくなり、トラブルも少ないので、おすすめです。

生前整理でも遺産整理でも、故人が大切にされていたものを、雑に扱わない業者を選びましょう。古物・骨董品・中古品の出張買取|池屋美術であれば、一点一点お品を丁寧に見ていきますので、親世代に満足いただけます。ぜひ、お気軽にお問い合わせください。