贈答品とプレゼントの違いー相手に喜ばれる選び方のポイントとマナー

誕生日や結婚記念日などに贈るプレゼントや結婚祝いや引っ越し祝いなどのお返しなど、贈り物を選ぶのって迷っちゃいますよね。

「どんなモノを贈れば喜んでくれるかな?」

今回は、贈答品とプレゼントの違い、相手に喜んでもらえる選び方のポイントと贈る際のマナーについてお伝えします。

 
引き出物やギフト、贈答品の価値・相場についてはコチラをご覧ください

*出張買取の『池屋』では、他業者がわからない品物、扱わない品物も調査し、査定いたします。査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

*対応エリアはコチラからご確認ください。
 内容により大阪や愛知、埼玉、茨城など全国対応も可能です。

贈答品とプレゼントの違い

人にモノを贈るという意味では、贈答品もプレゼントも意味は同じですが、厳密にいうとニュアンスが少し違います。

・贈答品は「祝福」「感謝」を形にした贈り物

贈答品とは、特別なお祝い事に対して贈られる品物のことで「ギフト」とも呼びます。

その由来は、日本文化と海外文化の2つに分かれ、日本では結婚式やお葬式などの儀式の際に持ち寄った料理やお供え物の風習が、形を変えて残ったものが贈答品だと言われています。

また、上司やお仲人さんなどお世話になった方に贈る「お中元」や「お歳暮」も、日本古来の贈り物文化のひとつで、感謝の気持ちを形にした贈り物と言えます。

結婚祝いや就職祝いなどは、「おめでとう」という祝福の気持ちが込められた贈り物です。

・プレゼントは「愛情」を形にした贈り物

プレゼントとは、贈答品に分類される贈り物のひとつで、誕生日やクリスマスなど家族や友人、恋人など親しい人への贈り物のことです。

贈答品が「祝福」「感謝」の意味合いなのに対し、プレゼントは祝福プラス、「愛情」の意味合いが強い贈り物だとされ、贈答品よりもカジュアルな意味合いで使われることが多くなります。

相手が喜ぶ贈答品選びのポイント

出張買取『池屋』のWebサイトで使用するのし紙のフリー素材

プレゼントは親しい人に贈ることが多く、相手の好みなどを知っている場合がほとんどですが、贈答品となると「どんなモノが好きかしら?」と迷ってしまいやすいですよね。相手が喜ぶ贈答品はどうやって選べば良いのでしょうか。

1.贈る目的により「表書き」「のし」を使い分ける

贈答品選びの基本は、贈る目的を明確にすること。というのは、目的によって「表書き」や「のし」が違ってくるからです。

たとえば、写真のようなのし紙、よく見かけますよね。リボンのようになっているのが「水引」。

右の水引は蝶結びになっていますが、出産や新築など何度繰り返してもおめでたい場合に使います。左の水引は「結び切り」といって、結納や結婚など一度だけで終わらせたい場合に使います。

 
*「のし」の表書きを筆でサラサラっと書けたら素敵ですよね

>>書道具、硯の買取実績はコチラから

2.原則、生ものは避ける

誕生日やクリスマスなどに、ごく親しい人に贈るのであれば欲しいものを聞いてみるのもアリです。ところが、贈る相手の家族構成や好みがよくわからない場合、どのようなことを意識すれば良いのでしょうか?

・相手に負担をかけては贈る気持ちも台無し

贈り物を直接持参する場合でも、食べ物を贈るとしたら、相手が必ずその日や翌日に食べるとは限りません。この後、1週間の旅行に出発するということだってありますし、忙しくてすぐに中身を確認できないこともあります。

もしも腐らせてしまった場合、もらった相手の方に「〇〇さんから頂いたのにダメにしてしまった」と思わせてしまってはマナー違反。せっかく感謝やお祝いとして贈る気持ちも台無しです。

・生ものを贈る場合は相手の都合を聞いて

「〇〇の名物」「〇〇さんの好物」など、どうしても生ものを贈りたいのであれば、事前に連絡をして、持参する日、もしくは宅配便を受け取るのに都合のよい日を聞いておきましょう。

その際、いきなり「〇〇を送りたいので、いつが良いですか?」と唐突に聞くのではなく、「美味しい〇〇が手に入ったのでお送りしたいのですが、生ものなので」などの言葉を添えると、相手への気遣いが伝わります。

他にも、結婚式のお祝いに包丁やハサミなどを贈るのは、「縁が切れる」「仲を裂く」としてタブーとされています。もちろん、相手の方がリクエストしたモノであれば、この限りではありません。

贈られて嬉しいプレゼントとは?

出張買取『池屋』のWebサイトで使用したプレゼントを手渡そうとしている女性のフリー素材

色々とお伝えしましたが、贈り物で大切なのは「相手を思う心」。とは言え、心をきちんと形にするのも大人のマナーとして忘れないようにしたいものです。

ちなみに、女性が男性からもらって嬉しいプレゼントの1位はアクセサリー男性が女性からもらって嬉しいプレゼントの1位が洋服やファッション小物なのだとか。

・使っていない贈答品や引き出物などは出張買取の『池屋』へ

とは言うものの好みは人それぞれ。

「気持ちは嬉しかったけど好みじゃない」「同じもの、持ってる」という場合も少なくありません。せっかくもらったのだからと、押入れやクローゼットにしまいっぱなしになっていませんか。

出張買取の『池屋』では、大切な品物、頂戴した贈答品や引き出物、ギフトなど、使っていないモノを少しでも高く買取させていただきます。

>>買取実績はコチラから
>>無料査定のご依頼・お問い合わせはコチラから