出張買取の池屋で買い取った弓道具
 
「子どもが部活で使っていた弓道具なんて買い取ってもらえるの?」

弓道具は場所をとるので邪魔だけど、値段も高いだけに捨ててしまうのはもったいないという方は多いですよね。
使わなくなった弓道具・和弓、買取り可能です。

ここでは、古い弓道具・和弓の価値、相場、買取りについてご説明します。

>>無料査定のご依頼・お問い合わせはコチラから

*対応エリアはコチラからご確認ください。
 内容により福岡、大阪、愛知、埼玉など全国対応も可能です。

弓道は「日本の心」「武士道」

弓道のフリー画像

冒頭の写真は、藤沢市のお客様から買取させていただいた弓道具です。
しなやかで、艶やかな、弓師作の銘が入った立派な弓です。

長さが2メートル以上あり、持ち歩くのには扱いが大変かもしれませんが、カッコいいですよねぇ。

・弓道で戦うのは相手ではなく「自分」

武道には、柔道を筆頭に剣道、弓道、空手道、合気道、居合道、相撲道、少林寺拳法、なぎなたの9種類あります。

弓道が他の武道と違うのは、戦う相手が「自分」だということ。「自分」と「弓」「的」の三位が一体となるための人間形成の「道」だと言われています。

・弓道の心は「引かずして引く」

以前、Webサイトで拝見したのですが、関西大学の名誉教授で弓道部の元顧問をされていた丹治昭義氏が、弓道についてこんな風に語っていました。

「弓道の心は―引かずして引く―」

柔道やラグビーなどのスポーツは、闘志をむき出しにし、肉体をぶつけ合って勝負に挑むが、弓道は力を抜き、闘志を鎮めて挑むため、弓を引かずに弓を引く『心の修練』だということです。

まさに武士道・・・、「日本の心」ですよね・・・。

そう聞くと弓道具の価値が、ますます高く思えてきます。

>>無料査定のお申し込みはコチラから

弓、矢、かけ、矢筒、弦巻は買取り可能

和弓のフリー画像

では、弓道具にはどのような種類のモノがあるかを見ていきましょう。代表的なのは以下の7点です。

1.弓・・・カーボン、竹、グラス、グラスカーボン、ゴム
2.矢・・・竹、カーボン、アルミ
3.かけ(ゆがけ)
4.矢筒
5.弦巻
6.弓道衣
7.胸当て

その他、足袋、雪駄、握り皮、当てゴム、ギリ粉、筆粉、弓巻、弓袋、雨袋、かけ袋、関板、風呂敷、的中定規、弓調整器などがあります。

・道衣や胸当ては未使用のモノに限る

小物まで入れると色々な種類のある弓道具ですが、買取の対象となるのは主に(1)~(5)です。残念ながら道衣や胸当て新品であれば買取可能ですが、使用したモノは難しくなります。

「かけ」というのは「ゆがけ」とも呼ばれ、弓を引くときに、利き手(弓を引く手)を保護するためのモノ。手袋のような感じですね。

・鹿皮の「かけ」「ゆがけ」はそれなりの金額に

かけの語源「かけがえのない」という言葉からきていて、弓道具の中でも大切なモノとして扱われているそうです。

「何でかけなんて名前が付いているんだろう」

と思っていましたが、そんなステキな語源からきているんですね。

素材はほとんどが鹿皮ですが、最近は布製のモノやニット製のかけもあり、実にカラフルで華やかな感じです。鹿皮の「かけ」は高価なので、よほど状態(コンディション)が悪くなければ、それなりの金額で買取ってもらうことが可能です。

当店では、古い弓道具でも喜んで買取らせていただきます。

>>無料査定のお申し込みはコチラから

和弓、弓道具の価値、買取相場、値段

どんな弓道具なら高価買取が可能なのか・・・。
以下の弓師、矢師の弓道具なら高く買取ってもらえる可能性があります。

・有名な弓師・矢師・かけ師のモノは高額

そういえば最近、弓道具の材料となる「矢竹」が少なくなってきたと言われていますが、弓矢を作る「矢師」「弓師」の方々も少なくなっています。年々、弓矢、和弓など弓道具の価値が高まっていくということです。

とくに以下の矢師・弓師・ゆがけ師の弓道具は高額買取の対象となりますので、ご自宅やご実家で眠っている弓道具がありましたら、是非、当店へお譲りください。

≪高価買取の可能性がある弓師≫

・柴田勘十郎
・初代 肥後三郎(松永重児)
・直心
・大峯義照

の他に、金子城康、雁金、重貞、秋田白鳳、大倉重十郎、久保田光秀、楠見祖峯、吟翠、松永萬義、松永萬法、永野一翠、吉田音吉、横山黎明、南崎寿宝、桑幡正清、小林平四郎、新宮素直 など

≪高価買取の可能性がある矢師≫

・正則
・三郎
・則竹

の他に、宗光、宗吉、菊正、宗則、茂一、義政、義行、白水利夫、正久、峯堂 など

≪高価買取の可能性があるゆがけ師≫

・正澄
・正廣
・久則

の他に、次則、峰住、正利、師高、吉幸、征矢、正次、豊月、吉宗 など

処分にお困りの弓道具、買い取ります!

出張買取中の様子

出張買取中の様子です

こうした職人たちが丹精込めて作り上げた弓道具、物置や蔵の中で眠ったままになっていませんか。

当店では1点、1点、丁寧に査定し、新たな買主様への橋渡しをさせていただきます。査定費や出張費は無料です。まずは電話かコチラからお問い合わせください。

当店の特徴についてはコチラをご覧ください。
処分にお困りの品物、無料で査定いたします。

>>査定・買取のご依頼はコチラまで