出張買取の池屋で買い取った輪島塗の銘々皿

「頂き物の輪島塗の重箱、もったいなくて1度も使ってないんだけど買い取ってもらえるの?」

輪島塗のうつわや食器は高級品です。高価な品物ですから買取可能です。
ここでは、輪島塗のうつわや食器、漆器の価値、相場、買取りについてご説明します。

*使わない輪島塗の買取なら当店へお任せください。
査定のご依頼やお問い合わせはコチラから

*対応エリアはコチラからご確認ください。
内容により大阪や福岡、愛知、石川県など全国対応も可能です。

漆・漆器は英語で「Japan」とも呼ぶ

英語で「Japan」といえば日本のことですが、実はJapanは「」「漆器」を表す英語でもあるんです。

正式には、漆のことはlacquer、漆器のことはlacquerwareと呼びます。ところが、15世紀にオランダやポルトガルに輸出され、ヨーロッパで愛されたことから、その象徴として「Japan」と呼ぶようになったと言われています。

・漆器は輪島塗をはじめ20種類以上ある

漆を使った漆器には輪島塗(石川県)をはじめ、以下のような種類があります。

・鎌倉彫(神奈川県)
・津軽塗(青森県)
・会津塗(福島県)
・山中漆器(石川県)
・川連漆器(秋田県)
・越前漆器(福井県)
・木曽漆器(長野県)
・浄法寺塗(岩手県)

その他、香川漆器(香川県)、秀衡塗(岩手県)、琉球漆器(沖縄県)、高岡漆器(富山県)、若狭塗(福井県)、大内塗(山口県)、飛騨春慶(岐阜県) など

押入や食器棚の奥に仕舞い込んである漆塗りの処分をお考えなら当店へお譲りください。

>>無料査定・出張買取のご依頼・お問い合わせはコチラから

約6800年前にさかのぼる漆の文化

マンホールのフリー画像

マンホールに描かれている輪島塗のお椀と箸(輪島市)

漆塗りの器(うつわ)として、もっとも知名度が高く有名なのが石川県輪島市の「輪島塗」ではないでしょうか。

漆塗りの文化・歴史を辿ると、約6800年前までさかのぼると言われています。その最古の漆塗り製品が発見されたのが、能登半島の田鶴浜町の三引遺跡になります。

・伝統的工芸品、重要無形文化財の「輪島塗」

古い歴史のある輪島塗は、昭和50年に伝統的工芸品に、昭和52年には重要無形文化財に指定されました。

また、輪島塗に必要な制作用具など3804点も、昭和57年に重要有形文化財として指定されています。

・最高品質を求める木地師や上塗り師、蒔絵師など

「うつわ」としての価値だけでなく、芸術品としての価値も高い輪島塗。その品質の高さから「最高品質でなければ輪島塗ではない」とまで言われています。

最高品質の漆器を作るには一流の職人たちの腕が欠かせませんが、輪島塗には実に多くの職人たちの手がかけられています。

1. 木地師
2. 下地師
3. 研ぎ師
4. 上塗り師
5. 呂色師
6. 蒔絵師
7. 沈金師

・半年から1年かけて作られる輪島塗

1つの漆器が出来上がるまでに、輪島塗は半年から1年という時間をかけ、124もの工程を経て仕上がります

木地師から沈金師まで、各職人が一つひとつ丹精込め、妥協することなく作品と向き合います。どの職人が欠けても輪島塗は成立しません。

輪島塗の漆器なら出張買取の『池屋』へ

>>当店の特徴はコチラから
>>無料査定のお申し込みはコチラから

人間国宝の作品なら高価買取の対象

輪島塗のフリー画像

輪島塗の漆器には、お重やお盆、お椀に夫婦箸をはじめ、脚付き御前、花器、アクセサリー、大きい物になるとテーブルや飾り棚などがあります。どのような漆器に価値があり、高価買取が可能なのでしょうか。

・松田権六、大場松魚、前大峰など

やはり人間国宝の作品は価値が高く、高価買取の対象となります。以下の作家の輪島塗であれば、当店でも高く買取らせていただきます。

*松田 権六(蒔絵師)
*大場 松魚(蒔絵師)
*寺井 直次(蒔絵師)
*高野 松山(蒔絵師)
*前 大峰(沈金)
*小森 邦衛 など

・蒔絵師・箱瀬淳一作の煮物椀5客セットで約34万円

具体的な買取価格の参考として、オークションサイトの落札価格を見てみましょう!

*蒔絵師・箱瀬淳一作、絵替五節句蒔絵煮物椀5客セット・・・約34万円
*蒔絵師・芳春、塗師・松斎作、平目地初音蒔絵四段重箱・・・約28万円
*沈金師・三谷吾一作、游鳥盆・・・約15万円
*沈金師・角偉三郎作、朱塗りそば猪口5客セット・・・約9万円
*蒔絵師・佐藤幸一作、草花図蒔絵座卓・・・約5万円

落札価格なので、買取価格はこれよりも安くはなりますが、このような作品であれば高いモノで10万円、20万円といった価格で買取ってもらえる可能性はあります。

・稲忠の汁椀で1万円、柴田是真の作品で10万円以上

輪島塗で有名な「稲忠漆芸堂(稲忠)」の漆器であれば、モノにもよりますが5客セットの汁椀なら1万円前後が相場です。

幕末から明治にかけ蒔絵師として活躍した柴田是真の漆器などは、アンティーク・骨董品としての価値もあり、買取価格は高ければ10万円以上も期待できます。

お片付け中に輪島塗の食器が出てきた際にはご一報ください。

>>無料査定・買取のご依頼はコチラまで

カビや汚れがあっても買取可能

当店では、お客様とご一緒に中身を確認し、その時の相場に合わせ買取価格を提示させていただきます。

カビが出ていたり、多少汚れていたも買取可能です。「汚れを落とさなくちゃ」といった心配も必要ありません。

大切な品物、少しでも高く買取させていただきます。

>>買取実績はコチラから
>>無料査定のご依頼・お問い合わせはコチラから