出張買取の池屋で買い取った龍文堂の鉄瓶

「龍文堂」の鉄瓶は人気があり、高価で買取りできる鉄瓶のひとつです。

写真の鉄瓶は、当店で買取らせていただいた龍文堂のモノです。
明治時代の作品で、鉄は白肌仕上げで品があり、銅蓋は斑模様でずっしりしていて高級感があります。

作品の名前は「芋頭形鉄瓶」。
名前のとおり、芋を模ったデザインでどこかモダンですよね。可愛らしさもあり、とても素晴らしい鉄瓶をお譲りいただきました。

ここでは、龍文堂の鉄瓶の価値と相場、買取りについてご説明します。

 
査定の依頼やお問い合わせはコチラから

*対応エリアはコチラからご確認ください。
内容により大阪や愛知、埼玉、茨城他も対応可能です。

偽物も出回り見分けが難しい龍文堂の鉄瓶

出張買取の池屋で買い取った龍文堂の鉄瓶、こけし、茶托など

こけしや茶托などと一緒に当店で買取らせていただいた龍文堂の鉄瓶

「龍文堂」といえば、江戸末期から8代続いた京都の鉄瓶屋で、京鉄瓶のはじまりだと言われています。

鉄瓶とは茶道具のひとつで、お湯を沸かす釜(茶の湯釜)に注ぎ口を付け、扱いやすいよう簡略化したモノです。

京都で生産された鉄瓶が「京鉄瓶」、盛岡、水沢で生産された鉄瓶が「南部鉄瓶」と呼ばれ、伝統工芸品として古くから愛用されています。

・泰蔵六や亀文堂正平を輩出した龍文堂

龍文堂の初代は四方龍文、2代目が四方安之助となります。

初代・四方龍文が蝋型による鉄瓶鋳造(蝋型鋳造)を創案。2代目・四方安之助より「龍文堂」と名乗り始め、泰蔵六や亀文堂正平といった多くの優れた金工師を輩出しています。

金工史上で重要な役割を果たし、高級鉄瓶としてブランドを確立した龍文堂ですが、8代まで続いたものの現在はありません。

そういう意味でも、龍文堂の鉄瓶は貴重だとも言えます。

・蓋は龍文堂、胴体は別物?

ただし、龍文堂の鉄瓶には偽物もあります。それだけ人気が高かったということの証でもありますが注意が必要です。

龍文堂の鉄瓶は、ほとんどが蓋の裏に作家個人の銘印(刻印)が刻まれています。
ところが、蓋だけが本物で胴体部分は別モノ、という摩訶不思議な鉄瓶が出回っています。

本物かどうかの見分けは、一般の方ではなかなか難しいと思いますので、ご自宅やご実家に鉄瓶がありましたら当店へご一報ください。

いつ頃の、誰の作品かを見極め、しっかりと査定させていただきます。

>>無料査定のお申し込みはコチラから

龍文堂なら箱がなくても10万円以上の価値

出張買取の池屋で買い取った亀文堂の鉄瓶

当店で買取りした亀文堂の鉄瓶(写し物)

気になる龍文堂の鉄瓶の買取相場、値段ですが、時代、作家、状態(コンディション)によって値段も異なるものの、箱(共箱)がなくとも10万円以上するものが多くなっています。

ただし、買取業者によっては1万円~3万円と安いところもあるようなので、せっかく手放すわけですから、少しでも高く買取ってもらえる業者選びは大切になります。

・買取業者の査定経験・知識・見識による

写真の鉄瓶は、2代目・安之助の弟子でもあった亀文堂正平の創った「亀文堂」の作品の近年の写し物です。

当店で買取りしたものですが、末端価格で3万円前後といったところでしょうか。
ですので、写し物ではない、時代のある龍文堂ともなれば価値はさらに上であり、値段も共箱がないからといって1万円や2万円ということはないはずです。

ただし、「絶対に無い!」とも言えないのが骨董品、古美術品の難しいところでもあります。その辺は、買取業者の査定経験や知識・見識によるところが大きくなります。

当店の特徴についてはコチラをご覧ください。

>>無料査定のご依頼はコチラから

龍文堂以外の価値ある工房や金工作家

出張買取の池屋で買い取った現代金工作家の鉄瓶

当店で買い取った現代金工作家の鉄瓶

ここでは龍文堂の鉄瓶についてご説明しましたが、龍文堂以外にも以下のような工房や金工作家の鉄瓶であれば高価買取が期待できます。

≪工房≫
亀文堂、光玉堂、金龍堂、金寿堂、正寿堂、鳳鳴堂、青龍堂、光龍堂、龍泉堂、金栄堂、三龍堂、竹影堂、白観堂、雲色堂、精金堂、金祥堂、般清堂 他

≪金工作家≫
泰蔵六、中川浄益、波多野正平、金谷五郎三郎、小泉甚左衛門、大西浄中、日本梅泉、高橋敬典、西村道示威、鈴木光重、畠春斎、真鍋静光、高木治良兵衛 他

・現代の金工作家の鉄瓶、茶道具も買取ります!

上記に挙げた作家ではない釜師・金工作家の作品も買取可能です。

同じ作家でも作られた年代によって評価が変わってくるものもあり、その背景を調べる時間もまた楽しいものです。ほんとうに、この仕事は奥が深くやりがいのあるものです。

写真の鉄瓶は、鎌倉市のお客様から当店が買取らせていただいたモノです。
贈答品や引き出物などに紛れていた鉄瓶なんですが、上品で洗礼された姿がとても美しい品物です。

また、鉄瓶以外の茶道具も喜んで買取らせていただきますので、ご自宅やご実家で眠っている「あんなモノ」や「こんなモノ」、是非是非、当店にお譲りください。

大切な品物、少しでも高く買取させていただきます。
当店の特徴についてはコチラをご覧ください。

 

査定の依頼やお問い合わせはコチラから